オフィス移転に伴うものとは

会社の規模拡張とか増員とかで手狭になった事務所はオフィス移転を行うことがあります。その際には物件選びやオフィスのレイアウト、内装関係の設計・施工や引越し作業が伴って来ます。これらのオフィス移転については専門の業者がいて見積をとった上でサポートを受けることになります。サポート項目は計画立案から始まり移転先のオフィスを選択するにあたって現状を確認した上でアドバイスを受けることが出来ます。

オフィス移転ではプランニングやレイアウト・デザインについては担当者と打ち合わせを行った上で規模や予算などに従って3次元CGなどのツールを使ってプランニングを行い、OA機器や家具、備品、電気や設備工事、配線工事、防犯や消防関係のチェックや工事が行われることになります。最初に工事計画の策定でスケジュールと予算見積の作成や引越し業者の選定を行います。工事見積書の提出や役所への申請、届けなどを行いビル関係への申請書も用意し近隣へのあいさつの準備や工事の保険にも加入します。施工に着手すると中間検査を受けたり会議が開かれます。

工事が竣工すると消防関係その他の検査の立会いや竣工写真の作成などが行われます。引越しについての説明と準備が進み、不要な什器の処分とか運搬可能かどうかエレベーターなどの採寸も行われます。そして必要な場所があれば養生を行います。元のオフィスについては原状回復義務のあるところは範囲を確認して工事見積書が作成されます。

その額が妥当であるか精査を行い、引越し作業その他を完了したらその後は定期の検査も行われます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.