オフィス移転の際の立地条件について

事業拡大などによりオフィス移転が必要となった場合、その立地条件は、事務所の運営経費にも大きな影響を及ぼしますので、とても大切になります。新たなオフィスを探す場合、多くの方が最寄駅からできる限り近い立地を希望します。また、所在地においては、例えば新宿や渋谷といった、誰もが知っている場所を探します。もちろん、これらの条件に全て合致すれば言うことはないのですが、当然、賃貸料も跳ね上がります。

そこで、考えたいのがそのオフィスで行う業種や業務内容です。例えば、営業職で来客が多い場合は、ある程度の賃貸料を覚悟してでも最寄駅からできる限り近い場所を探すべきです。特に、来客が多い場合であれば、顧客の利便性を最優先すべきですし、費用対効果の面でも十分にペイできます。反対に技術職など、来客が少ない業種であれば、最寄駅からの距離にこだわる必要はありません。

社員の通勤の利便性を考えれば、最寄駅から近いに越したことはありませんが、徒歩で通勤できる範囲内であれば至近距離である必要は全くないのです。さて、オフィス移転をする際の所在地についての考え方ですが、当然、事業を展開しようとする地域の中で、最も知られている場所がオフィスを構えるのが理想です。特に新規事業の場合、顧客に信用してもらうことが第一ですから、東京であれば新宿や渋谷など、オフィスビルが立ち並ぶ場所が最適です。しかしながら、これも業種や業務内容により、臨機に考えることが得策です。

費用に見合う利益が確保できる場所でなければ意味はありません。オフィス移転は、立地だけにこだわるのではなく、費用対効果を十分に検討し、その必要性を吟味することが大切なのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.