オフィス移転をする時期

より良い場所へ移動したり、賃貸料の関係から移転しないといけなくなったり、立ち退き申請により立ち退きを余儀なくされたりした時にはオフィス移転をしなければなりません。多くの場合、移転する時期を選べますが、どういう時期がオフィス移転に向いているのでしょうか。オフィス移転をするのに最善の時期は長期休暇中です。ゴールデンウィークなどの業務を行っていない時期にするのが良いです。

移転のために業務を停止させていしまうとロスが発生しますので、休み返上で移転してしまう方が良いでしょう。その方がマイナス影響が少なく、トラブル対応もしやすいです。他にも新入社員が入ってくる前の時期などもオススメです。新入社員が入ると、研修などで時間をとられてしまいますし、環境を変えてしまうのも悪影響がある可能性がありますので、影響を考えると入社前が良いです。

年末の大掃除前なども、大掃除する手間が省けるのでお勧め時期の一つです。一方で、真夏などは避ける方が無難です。新入社員も落ち着いてきたころだとは思いますが、日射病のリスクや疲労のたまり具合を考えると移転はリスキーです。動けば温かくなる冬の方が向いているでしょう。

春や夏を避け、秋から冬にかけて行うと、特にマイナスがなく、行うことが可能になってきます。もちろん、それぞれの会社の事情によっても適切な時期は変わってくるでしょうが、特に年中いつでもいい場合は、秋か冬に行うのが良いです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.